社会

雑草うメェ~ ヒマワリ満開 - ヤギ放牧で復活へ

耕作放棄地の棚田に咲くヒマワリと草を食べるヤギ=25日、明日香村入谷 拡大

 明日香村入谷の耕作放棄地で、ウシやヤギが雑草を食べた後に種を植えたヒマワリが育ち、約300本が咲きそろった。

 農林水産省の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金を活用して、同村が2年前から、地元住民グループと一緒に取り組んだ。

 急傾斜地に造られた棚田で、約30年前に耕作放棄地になり、ササやクズなどの雑草に覆い尽くされていた。平成19年7月にウシ2頭を投入すると、草は見る間に食べ尽くされて棚田の形状が現れたが、大型動物のため棚田のあぜが崩れるなどの問題が起き、昨年6月からヤギの放牧に変えた。

 現在、働いているヤギはザーネン種2匹とトカラ種1匹の計3匹。エサやりなどの管理はほとんど必要なく、仲良く草を食べ続けてくれているという。人の草刈りの手間が省けることが最大のメリット。

 放牧地の全体面積は約60アール。村役場地域づくり課は「体験交流の場」として、貸し農園や花の名所に整備する予定。ヤギは今後も黙々と作業を続行する。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報