経済

伝統野菜題材に挑戦 - 親子で食文化学ぶ【食育かるた大会】

食育かるたを楽しむ子どもたち=25日、奈良市登大路町の県文化会館 拡大

 近畿農政局奈良事務所は25日、奈良市登大路町の県文化会館で「夏休み! 親と子の食育かるた大会」を開催。約40人が、食を題材にしたかるた大会や県産の伝統野菜(大和野菜)をあしらったオリジナルかるた作りに挑戦した。

 奈良の食文化に対する理解を深めてもらおうと同事務所が、奈良女子大学生活観光現代GP奈良の食プロジェクトと共催で初めて開いた。

 参加者は、近畿農政局が作成した「親と子の食育かるた」や大和野菜の概要について解説を聞いた後、約20品目ある大和野菜から選んだ1品目をテーマに、かるた作りに取り組んだ。

 大阪市から訪れた木下一生君(11)は「かるたで知った野菜に興味がわいた」と笑顔。父親の信哉さん(46)は「普段子どもが触れることのない食文化を学ぶいい機会になった」と話してた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド