社会

大仏様にも熱いダンス - 29・30日、奈良で「バサラ祭り」

バサラ祭りのイメージキャラクター「しんくん」 拡大

 古都の夏をエネルギッシュに彩る「バサラ祭り」が29、30日の両日、奈良市で開かれる。11回目の今年は、東大寺などで初めて踊りを奉納。イメージキャラクター「しんくん」も誕生し、新たな出発となる。

 形にとらわれない踊りで夏を盛り上げようと、平成11年に始まった。今年は奈良国立博物館前に主会場を移し、県内外から35チーム、約1100人の参加が予定されている。

 29日は午後2時半から同8時半まで、主会場で順に踊りを披露。パレードは午後1時に県庁前歩道、同2時に近鉄奈良駅前を出発する。

 30日は踊り隊が三つに分かれ、午後3時半から東大寺、興福寺、薬師寺でそれぞれ踊りを奉納する。各踊り隊とも「日本の始まり奈良」をキーワードに内容を構成するという。

 イメージキャラクター「しんくん」は、県内の大学生で構成する支援グループ「B・S・T」が考案。バサラ祭り実行委員会によると「十二神将の伐折羅に憧(あこが)れる高校2年生」といい、神将の「しん」が名前の由来。

 携帯電話ストラップも完成し、インフォメーションブースで販売する。

 当日の飛び入り「踊り人」は29日が正午から、30日は午前10時から、県庁iセンター前で受け付ける。

 魚谷和良・実行委員長は「派手なパフォーマンスだけでなく、奉納を通じて奈良が誇る寺社にも親しんでもらえれば」と話している。

 問い合わせは実行委、電話0742(27)6700。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報