考古学

山中に石蔵寺宝塔院跡か - 吉野山南部遺跡群を測量

 山岳信仰で栄えた吉野山南部遺跡群(吉野町)を県立橿原考古学研究所の橋本裕行総括研究員らが測量調査した。山中に残る平地が広大で、採取される土器の年代などから、記録に残る白河天皇(1053~1129年)の石蔵寺宝塔院が営まれた可能性が強まった。

 吉野水分神社から金峯神社に続く尾根沿いで、大小の平地が点在。橋本さんらは平成17年から一帯を測量し、このほど報告書がまとまった。

 白河天皇は11世紀後半に宝塔の建立を発願し、自らも行幸。藤原道長(966~1027年)が「その寺はなはだ美なり」と書き残した金照坊も石蔵寺子院の一つとみられている。

 測量の結果、宝塔院跡とされる上岩倉地区最大の平地は2070平方メートル、金照坊地区の平地も1200平方メートル以上と分かった。周辺の斜面に大量の土器が落ちており、11世紀後半~12世紀前半の形式が中心だった。

 上岩倉地区には基壇状の高まりもあり、石蔵寺宝塔院跡とみてほぼ間違いないという。

 金照坊地区の土器もほぼ同時期で、金剛・葛城山系を一望する絶景の地。道長が書き残したイメージと重なる。

 明治時代まで吉野山の奥の院として栄えた安禅寺蔵王堂跡でも約1000平方メートルだった。

 橋本さんは「測量で立地や規模を確定できた。一帯には大規模な遺跡群が良好な状態で残っており、世界遺産に追加登録して保存する必要があるだろう」と話している。

 白河天皇は譲位後に院政を始めたことで知られ、「北面武士」を創設して源氏武士団を吸収。仏法信仰が厚く、多数の寺や仏像を造らせた。

 藤原道長は天皇の外戚として栄華を極め、山上ケ岳に参拝の帰路、金照坊に立ち寄っている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報