社会

診療報酬の不正請求容疑 - 大和郡山の山本病院

 奈良県警捜査2課は21日、生活保護受給者の診療報酬を不正に受給した疑いが強まったとして、詐欺容疑で、同県大和郡山市にある「山本病院」や同病院の理事長宅=同県香芝市=を家宅捜索。理事長に任意同行を求め、詳しく事情を聴いている。

 捜査関係者によると、この病院では生活保護受給者に、心臓カテーテル手術などをしたように装って診療報酬を不正請求し、受給していた疑いがある。不正に受け取っていた診療報酬は数100万円に上るという。

 生活保護受給者の医療費は、国や自治体の公費で全額が賄われている。

 県は、昨年3月と今年3月の2回、同病院を調査。患者のカルテの記載などに不十分な点があったとして指導していた。

 同病院は医療法人・雄山会(山本文夫理事長)の運営で、開院は平成年。心臓血管外科や循環器科、脳神経外科、内科などの診療科があり、病床数は80床。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報