社会

吉野山に桜300本 - 子どもら150人が植林

ヤマザクラの苗木を植える子ども=21日、吉野町吉野山 拡大

 一目1000本で知られる桜の名所、吉野山で21日、大阪城南ロータリークラブ(事務局・大阪市天王寺区、中本和洋会長)と関係団体によるヤマザクラ300本の植林が行われた。子どもを含め約150人が山の斜面に入り苗木を植えていった。



 県が森林整備に参加したい民間団体と森林所有者の仲立ちを行う「大和ふれあいの森づくり」事業の初の植林。同ロータリークラブの設立40周年記念事業で、吉野中央森林組合(坂口勝美代表理事組合長)が協力した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド