主要

お盆前、早くも帰省や旅行 - コロナ禍、空の便20万人

 お盆休みを前に帰省や旅行客らで混雑する羽田空港の出発ロビー=6日午前

 新型コロナ流行の「第7波」が続く中、羽田空港では6日、お盆休みを前に、帰省や旅行をする人らでにぎわった。コロナ禍で迎える3度目の夏。全日空と日航によると、6日の国内線予約数は計約20万人に上った。コロナ禍前の2019年に比べると低調だが、21年より増加している。

 羽田では6日午前、スーツケースを引く親子連れや団体旅行客らの姿が目立った。全日空と日航によると、この日の羽田発下り便の予約数は計約7万3500人。

 沖縄県へ家族旅行に出かける東京都荒川区の男性会社員(33)は「現地では人との交流を極力控えるつもり。感染対策をして楽しみたい」と笑顔を見せた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ