カルチャー

仙台七夕が開幕、街彩る吹き流し - 「第7波」対策に万全期す

 「仙台七夕まつり」で、商店街に飾られた鮮やかな吹き流し=6日午前、仙台市

 東北を代表する夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」が6日、仙台市で開幕した。ほぼ通常規模での開催は3年ぶり。鮮やかな吹き流し約220本が8日まで街を彩る。(1)飾りの除菌(2)来場者への密集防止や飲食禁止呼びかけ(3)見学時の動線指定―など、新型コロナウイルスの流行「第7波」対策に万全を期す。

 主催する「仙台七夕まつり協賛会」は、3日間で計約200万人の人出を見込んでいる。

 仙台七夕まつりは、新型コロナの影響で2020年に戦後初めて中止となった。21年は吹き流しの本数を減らし、宮城県外からの来訪自粛を求めた上で開催された。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ