国内

「核戦争、瀬戸際の危機」 - 被爆者ら、国連で平和願い演説

 核拡散防止条約(NPT)再検討会議で演説する被団協の和田征子事務局次長(右)=5日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で5日午後(日本時間6日未明)、長崎で被爆した日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の和田征子事務局次長(78)=横浜市=が演説し「核保有国と同盟国は人類が核戦争の瀬戸際にあることを認識すべきだ」と危機感をあらわに核兵器廃絶を訴えた。

 この日は各国の非政府組織(NGO)関係者がスピーチ。ロシアによる核威嚇で国際社会が脅威に直面する中、核兵器禁止条約への賛同や核廃絶を求める声が相次いだ。広島原爆の日と重なり、広島と同時にニューヨークからも平和への願いを発信する形となった。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ