スポーツ

甲子園にも新型コロナ「第7波」 - 開会式は主将のみ参加

 対戦カードが書かれた看板を前に記念撮影する人ら=6日、甲子園球場(代表撮影)
 第104回全国高校野球選手権大会の開会式に参加した各校の主将ら=6日、甲子園球場

 第104回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。3年ぶりに一般客を入れての開催だが、新型コロナウイルスの「第7波」は高校球児にも暗い影を落としている。

 開会式は集団感染と判断された5校と、複数の体調不良者が出た1校の計6校が欠席した。5日午前のリハーサルでは各校の球児が入場行進の練習をしたが、大会本部は同日午後に感染拡大予防のため、各校の主将のみの参加に急きょ変更した。

 今大会の感染拡大予防ガイドラインでは試合日程変更の検討や、試合開始2時間前まで選手変更を可能とすることなど、感染者が出た場合の対応を定めている。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ