カルチャー

石川でコウノトリ2羽巣立ち - 絶滅以降、初確認

 巣立ちしたコウノトリのひな2羽=5日、石川県志賀町(同町教育委員会提供)

 石川県は5日、同県志賀町の巣で6月上旬にふ化が確認された、国の特別天然記念物コウノトリのひな2羽が巣立ったと発表した。県内の野生環境での巣立ちが確認されるのは、日本の野生のコウノトリが絶滅した1971年以降初めてという。

 県によると5日午前、ひなが地面に降りて餌を食べているのを町職員が確認した。親鳥は兵庫県豊岡市で生まれた雄と福井県越前市で生まれた雌。3羽のふ化が確認されており、残り1羽も近日中に巣立つとみられる。

 日本のコウノトリが絶滅後、兵庫県が旧ソ連産のコウノトリの人工繁殖と放鳥に取り組み、各地で野生の個体が増えている。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ