国内

自民候補、辺野古移設を容認 - 沖縄知事選の主要争点に

 米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部=2月

 9月11日投開票の沖縄県知事選に立候補を予定している佐喜真淳前宜野湾市長(57)は5日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認すると表明した。4年前の知事選にも出馬したが、移設の是非を明言していなかった。自民党が佐喜真氏を擁立し支援している。

 再選を目指す玉城デニー知事(62)は反対を掲げており、辺野古移設が知事選の主要争点となる。

 佐喜真氏は「県は政府と対立し裁判闘争を繰り返しているが、勝訴は一度もない。結果として普天間の返還が遅れている」と批判した。

 知事選には下地幹郎元衆院議員(60)も出馬を表明している。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ