国内

発語困難な児童に教諭が暴言 - 「あいさつしろや」、大阪

 大阪市教育委員会は5日、市立小の特別支援学級に通っていた発語困難な男子児童に対して「あいさつしろや」「ありがとうぐらい言えや」などと暴言を吐き、体罰を加えたとして、男性教諭(39)を停職6カ月の懲戒処分にした。教諭が市教委の聴取に虚偽の報告をした点も重く見た。

 市教委によると、教諭は昨年4~6月、当時6年の男児に暴言を吐き、繰り返し肩をたたくなどした。男児の保護者から学校側に相談があり発覚。男児は教諭に恐怖を感じて8月から今年1月にかけて学校に通うことができなかった。

 教諭は当初、学校側の聴取に「社会生活を考えて指導したつもりだった」と報告していた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ