カルチャー

SDGsと温暖化、同時解決を - 国連主催の国際会議閉幕

 国連主催の国際会議で議論する参加者=21日午後、東京都渋谷区

 持続可能な開発目標(SDGs)と地球温暖化対策のパリ協定の実現に向けて議論した国連主催の国際会議が21日、2日間の日程を終えて閉会した。総括をまとめ、二つの課題の同時解決につながる「相乗的な行動」を強化すべきだとした。気候変動対策は社会や経済の大きな変革を伴うため、影響を受ける分野の労働者などに配慮する「公正な移行」が必要だとも強調した。

 会議は国連大(東京)で開かれ、各国の政策担当者らが参加した。

 総括では、SDGs達成と温暖化対策という二つの課題への対応は可能だが「意識して行動を起こした場合にのみ実現できる」として、積極的な取り組みの展開を求めた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ