主要

NATO「ロシアは直接の脅威」 - 12年ぶり戦略文書、対中国懸念

 29日、スペイン・マドリードでのNATO首脳会議に出席した(左から)トルコのエルドアン大統領、バイデン米大統領、ストルテンベルグNATO事務総長、ジョンソン英首相(ロイター=共同)
 29日、スペイン・マドリードでのNATO首脳会議に参加したバイデン米大統領(前列左から2人目)ら各国首脳(AP=共同)

 【マドリード共同】欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は29日、スペイン・マドリードで開かれている首脳会議で、今後約10年間の指針となる新たな「戦略概念」を採択した。戦略概念の改定は2010年11月以来、約12年ぶり。ウクライナに侵攻したロシアへの姿勢について、現行の「戦略的パートナー」から「最大かつ直接の脅威」と明記し、大きく変更した。

 中国が「体制上の挑戦」を突き付けているとし、中国への懸念に初めて言及した。「インド太平洋地域はNATOにとって重要だ」とも記した。NATOは冷戦終結後、最大の転換期を迎える。

 岸田文雄首相が初めて出席した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ