主要

ロシア、1年前からサイバー攻撃 - ウクライナ侵攻前に不正侵入

 ロシアがウクライナへの攻撃に使ったコンピューターウイルス「ウィスパーゲート」に感染すると表示される文章。身代金を要求しているがデータは破壊される(米マイクロソフト提供)

 ロシア政府の支援を受けたハッカー集団は、ウクライナ侵攻の約1年前にはサイバー攻撃を仕掛けていた。米マイクロソフトのリポートなどによると、水面下の攻撃を遅くとも2021年3月には開始。専門家はウクライナ関係者のIDやパスワードを盗み、情報システムへの不正侵入を繰り返したとみている。

 自衛隊のサイバーセキュリティー部門の所属経験があるサイバーディフェンス研究所の名和利男専務理事は「検知されにくい高度な攻撃手法を用いた」と分析する。21年8月ごろ、ロシア政府の支援を受けたハッカー集団「アクチニウム」はウクライナ政府や軍、警察、非政府組織(NGO)を攻撃した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ