主要

厚労省、副業・兼業の指針改定へ - 容認の有無、企業に公表促す

 副業・兼業に関する指針改定のポイント

 厚生労働省は27日、副業や兼業に関するガイドライン(指針)改定案を明らかにした。企業に対し、副業を認めているのかいないのか、実態の公表を促す。条件付きで認めている場合には、設けている条件の内容も公表。いずれも自社ホームページなどで開示するのが望ましいと記した。

 労働政策審議会の分科会に改定案を提示。出席者からは、健康被害などに留意が必要だとの指摘が出た。指針に強制力や罰則はない。7月上旬の改定を予定している。

 就職先を選ぶ人から見て、副業を巡る企業の姿勢を分かりやすくする狙いがある。副業で収入を得る人や、技量向上を目指す人が増えている状況を踏まえた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ