主要

G7、ロシア産石油に価格上限案 - 制裁の実効性確保へ

 ロシア・クラスノヤルスク北にある油田=2015年3月(ロイター=共同)

 【エルマウ共同】米政府高官は27日、先進7カ国(G7)首脳がロシア産石油の取引価格に上限を設ける方向で協議を進めていると明らかにした。G7各国はウクライナに侵攻したロシアに経済制裁を科すが、原油価格高騰により効果が限られてきた。価格上限を設定することで、戦費調達につながる外貨獲得に打撃を与えると同時に、インフレの抑制も狙う。

 米ブルームバーグ通信によると、ロシア産の原油や石油製品が合意価格以下で販売される場合に限り、輸送を認めるような仕組みを議論している。ロシアが対抗措置として石油や天然ガスの輸出を停滞させるリスクもある。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ