主要

G7、インフラ投資81兆円 - 途上国支援、中国に対抗

 【エルマウ共同】バイデン米政権は26日、先進7カ国(G7)が連携して、発展途上国のインフラ整備に投資する新たな枠組みの創設を発表した。今後5年間で官民合わせて6千億ドル(約81兆円)の拠出を目指す。インド太平洋地域などで経済的な影響力を強める中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する。岸田文雄首相は日本として650億ドル以上を担う考えを表明した。

 枠組みの名称は「グローバル・インフラ投資パートナーシップ(PGII)」。G7首脳会議(サミット)で昨年合意した構想を具体化する。気候変動対策や社会のデジタル化、保健といった分野が対象となる。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ