主要

広島サミット、5月開催伝達へ - 首相、英仏にも協力要請

 2016年5月、原爆慰霊碑に献花を終え、安倍首相(左)と握手するオバマ米大統領=広島市の平和記念公園

 【エルマウ共同】岸田文雄首相はドイツでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、来年の広島サミットの5月後半開催を伝達する方向で調整に入った。原爆投下国である米国のバイデン大統領から先月、広島開催への支持を取り付けたのに続き、G7メンバーで核保有国の英国とフランスの両首脳にも協力を求める考えだ。日本政府は、G7首脳による平和記念公園内の原爆慰霊碑への初の献花や原爆資料館視察実現を検討している。政府関係者が26日明らかにした。

 首相は戦争被爆地・広島でのサミット開催の意義を欧州で強調することで、核軍縮に向けた各国の動きや国際世論を再活性化したい考えだ。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ