主要

逮捕歴ツイート削除命令、最高裁 - 初判断「公表されない利益優越」

 過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、米ツイッター社に投稿の削除を命じる判決を言い渡した最高裁第2小法廷=24日午後(代表撮影)
 最高裁判所=東京都千代田区

 ツイッターに過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、米ツイッター社に男性が投稿の削除を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は24日、削除を命じる判決を言い渡した。ツイッターの記事削除を巡る初判断。原告男性が逮捕歴をツイッター上で公表されない利益は、投稿を一般に閲覧させ続ける理由を上回ると指摘した。

 最高裁は男性の逮捕から二審の審理終結時点までに既に約8年間が経過して刑の効力もなくなり、事件は公共の利害との関わりが小さくなったと指摘。ツイート(投稿)は逮捕当日の速報目的だったことがうかがわれるとして「長期間にわたり閲覧され続けることを想定していたとは認めがたい」と判断し、削除を認めなかった二審東京高裁判決を破棄した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ