主要

被爆証言、非人道性を鮮明に - 核廃絶へ「強い意思」と議長

 核兵器禁止条約第1回締約国会議の閉幕後、記者会見するクメント議長=23日、ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】核兵器禁止条約第1回締約国会議のクメント議長は23日、会議閉幕後に記者会見し、日本から参加した被爆者や各国の核被害者らの証言が非人道性を鮮明にし、核廃絶の必要性を証明したと評価した。会議で採択した宣言と行動計画が、核廃絶に向けた「非常に強い意思表明」になったと強調した。

 第2回締約国会議は、来年11月27日~12月1日、米ニューヨークの国連本部での開催が決まった。核廃絶に積極的なメキシコが議長国を務める。

 クメント氏は「条約は、問題を抱える全ての国に発言権を与えている。証言を聞けば条約を批判するのが一層難しくなる」と述べた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ