国内

東京国税局トップを異例の処分 - 職員不祥事相次ぎ、厳重注意

 国税庁は23日、国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局の職員が逮捕、起訴された事件など不祥事が相次いだことを受け、市川健太東京国税局長(59)を厳重注意処分とした。国税局トップが処分されるのは異例。

 東京国税局では今月、持続化給付金をだまし取ったとして職員の塚本晃平被告(24)=詐欺罪で起訴=が仲間とともに警視庁に逮捕されたことが判明。

 東京国税局の税務相談官が、妻を殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕されたほか、千葉東税務署の職員が電車内で女性の太ももを触ったとして、千葉県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ