国内

個人情報紛失で尼崎市長が謝罪 - メモリー持ち出し手続き検証

 市民の個人情報が入ったUSBメモリー紛失について、記者会見で謝罪した兵庫県尼崎市の稲村和美市長=23日午後

 兵庫県尼崎市の稲村和美市長は23日の定例記者会見で、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーの紛失について「市民の皆さまにご心配をおかけし、心からおわび申し上げる」と陳謝した。

 新型コロナウイルス対策関連の給付金支給事務の委託業者が21日、大阪府吹田市の飲食店で飲酒後にメモリーが入ったかばんを紛失。泥酔し路上で寝ていた時間帯もあるという。

 稲村市長は「正直、信じられない思い。初歩的なミスで許されない」と指摘。「市がメモリー持ち出しの際に立ち会えていないことや、運搬方法の確認に甘さがあった」と述べ、データの持ち出し許可の手続きを検証するとした。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ