主要

真夏日が最多、346地点 - 鳥取・宮崎36・1度

 日本列島は23日、西日本を中心に晴れ間が広がり、各地で気温が上昇した。全国914観測点のうち30度以上の真夏日は、今年最多となる346地点。うち9地点は35度以上の猛暑日で、最高は鳥取市と宮崎県延岡市でいずれも36・1度を記録した。

 気象庁によると、23日は梅雨前線が弱まり、南から暖かく湿った空気が流れ込んで今年一番の暑さとなった。

 他に猛暑日となったのは、鳥取県倉吉市35・8度、松山市35・5度、大分市と鳥取県米子市がいずれも35・4度、福井県美浜町35・2度、大分県国東市35・1度、大分県杵築市35・0度。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ