カルチャー

国保財政、2000億円超の黒字 - 20年度、受診控えで過去最大

 厚生労働省は23日、自営業や無職の人らが加入する国民健康保険の2020年度の実質的な収支が、全国で計2054億円の黒字だったと発表した。赤字の19年度から2993億円改善した。比較可能な1998年度以降、黒字は2回目で、額は最大。新型コロナウイルス禍による受診控えが影響し、支払いが減ったためとみられる。

 国保の加入者は高齢者が多く平均年齢が高い。このため医療費がかさみ、赤字経営が続いていた。18年度に財政運営の主体を市区町村から都道府県に移管し、国の公費支援を増やした効果で、同年度、初の黒字(計212億円)となったが、翌19年度には再び赤字に転じた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ