国際

「責任あるAI」で軍事的優位を - 米国防総省が戦略文書

 【ワシントン共同】米国防総省は22日、「責任ある人工知能(AI)戦略」と題した文書を発表した。ロシアや中国とのデジタル競争が過熱する中、AI技術を採用することで軍事的優位を維持し、進化する脅威に対応する必要があると訴えた。AI技術は倫理に基づかなければならないと強調した。

 過去10年のAIを巡る技術的躍進によって、米国を取り巻く安全保障環境は劇的に変化したと明記。「敵や競争相手は世界の安保や平和、安定を脅かす形で、AIを利用した能力に多額の投資をしている」と危機感を示した。

 AI技術の進歩は現代社会のあらゆる分野を変革する力を持っていると指摘した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ