主要

下水調査でコロナ流行予測 - 業界団体で実用化へ加速

 新型コロナウイルスの下水調査に使う機器を操作する北海道大の北島正章准教授=4月、札幌市

 新型コロナウイルスが流行する予兆を下水調査で捉えようと、産学協同の業界団体「日本下水サーベイランス協会」(東京都港区)が24日に初会合を開き、活動を始める。全国各地での実用化に向けた動きを加速させたいとしている。

 新型コロナに感染すると発症前からウイルスを排出することが知られている。そのため排せつ物などを通じて下水に流入したウイルスが流行の「先行指標」になる可能性があるとして、ウイルスを検出・分析する手法の開発を北海道大などが進めている。

 協会は上下水道コンサルティング企業「NJS」(東京)、塩野義製薬(大阪)、島津製作所(京都)が中心となり発足した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ