国際

前首相「原爆落とした方がまし」 - パキスタン、失職に不満

 パキスタンのカーン前首相=2021年6月、イスラマバード(ロイター=共同)

 【イスラマバード共同】パキスタンのカーン前首相は13日、4月の政権交代について「政権を譲り渡すより、パキスタンに原爆を落とした方がましだった」と記者団に不満を漏らした。地元メディアが報じた。カーン氏はシャバズ・シャリフ新首相が米国とカーン政権の転覆を企てたと主張している。パキスタンは核保有国。

 カーン氏は、シャリフ氏を「盗人」と批判し、政権交代は「ショックだった」と述べた。カーン氏は、下院の不信任案可決で4月に退陣。シャリフ政権の批判を続け、早期の総選挙実施を要求している。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ