カルチャー

支援ロボットで尿管手術 - 難治性狭窄に、国内初

 手術支援ロボット「ダビンチ」(名古屋市立大提供)

 名古屋市立大病院が、手術支援ロボット「ダビンチ」を使って、難治性の尿管狭窄患者の尿管を切除し、つなぎ合わせる手術をしたことが14日、病院への取材で分かった。病院によると、国内初とみられる。内視鏡手術と比べ再発の可能性が低いという。

 4月下旬、60代男性患者の腹部に1センチ程度の穴を5カ所開け、ダビンチで手術。経過は順調で、既に退院した。

 病院は臨床研究として、2024年までに計10人の手術をする予定。安井孝周・名古屋市立大教授(腎・泌尿器科学)は「実績を積み重ね、保険適用への道を開きたい」としている。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ