スポーツ

スキー山本涼太が自己最高3位 - W杯複合男子、渡部暁斗は5位

 山本涼太の後半距離=クリンゲンタール(共同)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は15日、ドイツのクリンゲンタールで個人第11戦が行われ、山本涼太が自己最高タイの3位に入り今季初の表彰台に立った。頭痛のため過去3戦を欠場していたが、前半飛躍(ヒルサイズ=HS140メートル)で1秒差の2位につけ、後半距離(10キロ)でも3人の先頭集団で最後まで粘った。

 渡部暁斗は今季最高の5位。前半飛躍7位から後半距離で順位を上げた。渡部善斗は19位、永井秀昭は22位、谷地宙が24位、山本侑弥は31位。木村幸大は後半距離を棄権した。ヨハネス・ランパルター(オーストリア)が優勝し、今季、通算とも2勝目。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ