国際

北朝鮮、鉄道発射を威嚇の中心に - 態勢の拡充予告、疑問の声も

 鉄道車両から発射されるミサイル=14日(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮メディアは15日、米国の制裁強化の動きに対抗したとみられる14日のミサイル発射は鉄道車両を使う「鉄道機動ミサイル連隊」の抜き打ち訓練だと公表した。同連隊の発射訓練は昨年9月にも韓国の潜水艦発射弾道ミサイル発射にぶつける形で行われており、軍事的デモンストレーションの中心的な手段に据えているもようだ。

 北朝鮮メディアは、14日の発射を受け「全国的な鉄道機動ミサイル運用システムを樹立する問題」が議論されたとしており、鉄道からの発射態勢の拡充を予告した。ただ、鉄道網は老朽化が進み、戦時に最初の攻撃目標になる線路での展開を疑問視する声もある。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ