主要

沖縄のオミクロン症状、発熱最多 - 嗅覚・味覚障害は1%

 那覇市の国際通りをマスク姿で歩く人たち=15日午後、那覇市

 沖縄県で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を調査した結果、最も多い症状は発熱で、嗅覚・味覚障害は約1%だったことが15日、県専門家会議に提供された国立感染症研究所作成の報告書で分かった。会議の座長を務める藤田次郎琉球大大学院教授は「非常に貴重なデータ」としている。

 報告書によると、2021年12月1日~22年1月1日の間に県内でオミクロン株感染と確定した105人の症例を調査。症状が出た97人のうち、重複はあるが、81人が発熱、59人がせき、55人が倦怠感を訴えた。新型コロナの特徴的な症状とされてきた嗅覚・味覚障害は1人しかいなかった。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ