カルチャー

上海や広東省でもオミクロン株 - 中国政府「広まる恐れ」と警戒

 【北京共同】中国政府は15日の記者会見で、13~14日に上海と広東省珠海、同省中山で報告された新型コロナウイルス感染が変異株、オミクロン株だったと発表した。感染者の行動歴が広範囲にわたっており、広まる恐れがあると警戒した。天津や遼寧省大連でも既にオミクロン株を確認している。

 新華社電によると北京市海淀区で15日、1人の感染が確認された。北京では昨年12月19日以来、市中感染は確認されていない。オミクロン株かどうかは不明。同区は接触者のPCR検査を始めた。北京冬季五輪を控え、緊張が高まっている。

 報道によると、珠海では14日に全市民のPCR検査が始まった。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ