国内

スキーバス転落事故から6年 - 現場で「集い」、再発防止へ誓い

 スキーバス転落事故の現場を訪れ、慰霊碑に手を合わせる遺族会代表の田原義則さん(手前右)ら=15日午後、長野県軽井沢町

 2016年に長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負ったスキーバス転落事故から6年となった15日、現場には遺族とともに、国土交通省や日本バス協会、日本旅行業協会の職員が一堂に会し、「安全安心なバス運行を誓う集い」を開いた。事故の風化と再発を防ぐため、立場を超え力を合わせようとする初会合となり、遺族は「事故を忘れない第一歩」と決意を示した。

 会合の後には、参加者が現場付近に建立された慰霊碑「祈りの碑」を訪れ、黙とう。事故の再発防止への誓いを新たにした。「集い」は今後も定期的に開催する予定で、啓発活動をしながら、事故の教訓を伝えていく。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ