カルチャー

感染急拡大、行楽地にぎわい陰り - 「客足遠のいた」

 人通りがまばらな箱根湯本駅前の商店街=15日午前、神奈川県箱根町

 新型コロナウイルスの新規感染者数が全国的に過去最多の更新が相次ぐ中、週末を迎えた各地の行楽地は15日、にぎわいに陰りが見られた。「客足が遠のいた」。好調だった年末年始から一転した状況に、関係者からはワクチンの3回目接種に期待する声も聞かれた。

 東京都心から近い人気の温泉地・神奈川県箱根町。箱根湯本駅前の商店街は、人通りがまばらで客待ちのタクシーが列を成した。飲食店の女性従業員は「オミクロン株の感染拡大が騒がれ始めてから客足が遠のいた」とため息をつく。

 「富士屋ホテル」は満室状態だった年末年始から一変、8~10日の連休は2~3割の部屋が埋まらなかった。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ