国内

津波区域、指定は18道府県 - 創設10年も活用進まず

 津波被害の恐れがある40都道府県のうち、避難対策の強化を促す「津波災害警戒区域」を一部でも指定しているのは18道府県にとどまることが15日、分かった。国土交通省が昨年8月末時点の調査結果を集計した。地価下落の懸念や「千年に1度」を想定する大津波への切迫感の乏しさもあり、9月以降も大きな進展はない。警戒区域の指定をしないまま避難計画の策定などを進めている地域もあり、創設から10年を迎えても制度の活用は進んでいない。

 津波災害警戒区域は東日本大震災を教訓に2011年12月に始まった制度。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ