主要

基幹インフラ定期審査へ、政府 - 半導体を重要物資に指定

 霞が関の官庁街(右奥は国会議事堂)=東京都千代田区

 政府が17日召集の通常国会に提出予定の経済安全保障推進法案の概要が15日、分かった。サイバー攻撃による重要情報流出などを防ぐため、情報通信など基幹インフラ企業が導入するコンピューターサーバーなどの安全性を国が定期的に審査する。電子機器に不可欠な半導体を安定供給が必要な「特定重要物資」に指定し、補助金を活用して国内の製造基盤を増強する制度を新設。サプライチェーン(供給網)の強化も図る。

 法案は官民の技術協力と特許の非公開化を合わせた4本柱とし、岸田政権が掲げる経済安保政策の中核とする。来月下旬に閣議決定し、通常国会で早期成立を目指す。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ