主要

在日米軍、コロナ対策強化も - 国防総省「深刻受け止め」

 9日、沖縄県北谷町の米軍キャンプ・フォスターのゲート前で車両のチェックをする関係者

 【ワシントン共同】米国防総省のカービー報道官は14日の記者会見で、在日米軍での新型コロナウイルス感染拡大を巡り、感染がさらに深刻になれば対策を一層強化する考えを示した。同時に、日本国民や基地周辺の地域住民に対する責任も「深刻に受け止めている」と述べた。

 在日米軍司令部(東京・横田基地)は日本時間6日、全ての施設を対象に感染予防対策を強化し、対策レベルを「アルファ」から「ブラボー」に引き上げると発表。カービー氏は会見で、新型コロナの新変異株「オミクロン株」を監視し、態勢を変更する必要があるかどうかを確認すると語った。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ