国際

NY株続落、201ドル安 - 米景気減速を懸念

 ウォール街の標識=ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比201・81ドル安の3万5911・81ドルで取引を終えた。米景気減速への懸念が強まり、投資リスク回避の売りが優勢となった。

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を背景に、昨年12月の米小売売上高が市場予想を大幅に下回ったことがきっかけ。四半期決算の内容が嫌気された金融のJPモルガン・チェースが大幅安となったことも、投資家心理を冷やした。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、86・94ポイント高の1万4893・75。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ