国際

オランダ王室伝統の馬車使用停止 - 植民地主義を美化

 オランダ王室の「黄金の馬車」=2013年、ハーグ(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、同国のウィレムアレクサンダー国王は14日までに、「黄金の馬車」と呼ばれる王室伝統の豪華な馬車の使用を停止すると発表した。側面の一方に描かれた絵が同国の植民地主義時代の過去を美化しているとの批判を受けていた。

 絵は「植民地からの貢ぎ物」と呼ばれ、黒人やアジア人が若い白人女性にひざまずくなどしながら品物を差し出す姿が描かれている。

 馬車は伝統的に、国王らを国会の開会式に送るために使われたが、2015年から使用されておらず、現在はアムステルダムの美術館に展示されている。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ