カルチャー

建築家リカルド・ボフィル氏死去 - 東京銀座資生堂ビルなど設計

 リカルド・ボフィル氏=2009年11月、ローマ(ゲッティ=共同)
 2009年、スペインのサパテロ首相(左=当時)と笑みを交わすリカルド・ボフィル氏=バルセロナ(ロイター=共同)

 スペインのメディアによると、世界的建築家のリカルド・ボフィル氏が14日、同国北東部バルセロナの病院で死去した。82歳。新型コロナウイルスに感染していた。

 39年バルセロナ生まれ。フランコ独裁政権に反対し、地元の建築学校から退学処分とされ、スイスのジュネーブで建築を学んだ。60年代に社会学者や写真家、詩人ら様々な分野の仲間と建築事務所を設立。古典的様式とポストモダンの要素を併せ持った前衛的な集合住宅や都市の地区開発を手掛け、スター建築家となった。日本でも東京銀座資生堂ビルや川崎市の商業施設、ラゾーナ川崎プラザなどの設計に関わった。(パリ共同)

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ