スポーツ

三木つばき9位、竹内智香13位 - W杯パラレル大回転

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は14日、オーストリアのシモンヘーエで北京冬季五輪前では最後となるパラレル大回転が行われ、女子は18歳の三木つばき(CATALER)と2014年ソチ五輪銀メダルの竹内智香(広島ガス)がともに決勝トーナメント1回戦で敗れ、三木は9位、竹内は13位だった。アレクサンドラ・クルル(ポーランド)が制した。

 男子は神野慎之助(トヨタ自動車)が37位、斯波正樹(ジョイングループ)が46位で予選落ち。全日本スキー連盟が定める北京五輪派遣基準を満たせなかった。シュテファン・バウマイスター(ドイツ)が優勝した。(共同)

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ