カルチャー

コロナ治療薬バリシチニブを推奨 - WHO、重症化率下げる効果

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は14日、新型コロナウイルス感染症の重症者の治療に、関節リウマチなどの薬として使われる「バリシチニブ」を、ステロイド系抗炎症薬と合わせて使用することを「強く推奨する」との指針を公表した。死亡率や人工呼吸器の装着に至るような重症化率を下げる効果がある。副作用はみられなかったという。日本でも昨年、新型コロナ治療薬として承認済み。

 バリシチニブは、WHOが既に使用推奨している、炎症を起こすタンパク質インターロイキン6阻害薬のトシリズマブとサリルマブと同様の効果を発揮。いずれか一方を使用し、両方を同時に用いないよう求めた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ