カルチャー

愛媛・西予で170回目伝統相撲 - 江戸時代から、住民同士が激突

 愛媛県西予市で行われた「乙亥大相撲」=27日午前

 「のこった、のこった」。山あいの町に行司の声が響いた。愛媛県西予市野村町野村で江戸時代から続く「乙亥大相撲」が27日にあった。今年で170回目となり、地元の青年がまわし姿で土俵に上がった。普段は行政職員や酪農家、消防士として働き、体つきはさまざま。すくい投げや寄り切りなどプロさながらの技を決めると、住民ら約300人が拍手を送った。

 プロ力士とアマ選手との取組でも知られるが、新型コロナウイルス禍の影響で昨年に続き取りやめに。この日は住民3人のチームによる2部の地区対抗戦の他、勝ち抜き戦があった。

 1852年の大火災後、火災封じのために相撲をしたのが始まり。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

大英博物館ミイラ展の招待券

カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像 第3中間期・第22王朝 前800年ごろ 大英博物館 (C) The Trustees of the British Museum
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ