カルチャー

作家のバルガス・リョサさん入会 - アカデミー・フランセーズ、特例

 マリオ・バルガス・リョサさん(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランス語の純化や擁護を任務とするフランスの権威ある学術機関アカデミー・フランセーズは25日、新会員にペルー出身で、スペイン語で執筆してきたノーベル文学賞作家マリオ・バルガス・リョサさん(85)を選んだ。フランスのメディアが伝えた。

 会員に国籍の条件はなく、これまでも米国籍の作家ジュリアン・グリーンさんらが会員となった。ただバルガス・リョサさんはフランス語が堪能なもののフランス語で出版した自著がない点で異例。また2010年から会員への立候補は75歳未満が条件で、特例として認められた。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ