国際

難民ら180人帰国の途 - ベラルーシから、第3弾

 25日、ミンスクの空港で帰国のためのイラク航空機を待つ難民ら(タス=共同)

 【モスクワ共同】ベラルーシ西部のポーランド国境で欧州連合(EU)入域を図り足止めされた中東などからの難民・移民らのうち、帰国に同意した人々約180人を乗せたイラク航空機が25日、ベラルーシの首都ミンスクからイラク北部のクルド人自治区アルビルに向け出発した。タス通信などが伝えた。

 難民らの多くはイラクの少数民族クルド人とされる。ポーランドへの越境を果たせず帰国を選んだ難民らが集団で帰国の途に就くのは今月18日と22日に続き3度目。

 ベラルーシのルカシェンコ大統領は25日、政府の会議で「EUは難民らを帰国させる航空機の費用も払わない」と批判した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ