カルチャー

10万円、16~18歳は申請を - 子どもの年齢で給付時期に差

 山際大志郎経済再生担当相

 山際大志郎経済再生担当相は25日の記者会見で、経済対策に盛り込んだ18歳以下の子どもに対する10万円相当の給付について、16~18歳は申請が必要になると明らかにした。15歳以下は児童手当の仕組みを使うため、申請なしで受け取れる。政府は現金5万円の給付を年内に始める方針だが、子どもの年齢で受け取る時期に差が出ることになる。

 15歳以下は児童手当の登録口座に給付金が振り込まれるが、16歳以上は児童手当の対象外のため、山際氏は「申請方式にならざるを得ない」と述べた。ただ15歳以下の兄弟や姉妹がいる場合は申請不要の「プッシュ型」で可能だと説明した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ