カルチャー

クラスター発生で接種間隔を短縮 - 病院、高齢施設の利用者ら

 新型コロナウイルスワクチン3回目接種を巡り、2回目からの間隔を例外的に6カ月へ短縮できる対象に、クラスター(感染者集団)が発生した病院や高齢者施設の利用者や業務従事者らを入れる方向で政府が検討していることが25日分かった。原則的な接種間隔は8カ月以上であることと共に近く公表する。

 同じ保健所管内で複数の病院や高齢者施設でクラスターが起きた場合、管内にある病院などの利用者や業務従事者も短縮を認める方向。いずれも、具体的な対象は、市町村が接種計画を策定した上で、都道府県を通じて厚生労働省と相談する。

 3回目接種は医療従事者を対象に12月から始まる。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

新シリーズ「ビオレ ザ ハンド」2点セット

プレゼント写真
提供元:花王
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ