カルチャー

東名高速道に水素ステーション - 燃料電池車用、23年春に開業

 東名高速道路下り線の足柄サービスエリアに設置する水素ステーションのイメージ(NEXCO中日本提供)

 中日本高速道路は25日、東名高速道路下り線の足柄サービスエリア(静岡県御殿場市)に、高速道路の休憩施設では初となる水素ステーションを設置すると発表した。2023年春の開業を目指す。脱炭素社会に向けた対応の一環。

 水素で走る燃料電池車は走行時にCO2を排出しないため、次世代車として期待される。現在、国内の燃料電池車は約5千台にとどまるが、需要の高まりに備え設置を決めた。1時間で12台の車のエネルギーを補給できるという。

 宮池克人社長は「燃料電池車は短時間の充填で長い航続距離が確保できる特徴がある。ネットワークの整備で環境問題の解決に貢献していく」と話した。

(共同通信)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ